星のささやき 花のつぶやき

星は宇宙の理を 花は地上の調和を 涙は心のカタチを教える

本は偉大な先生:ここ数年の夏の読書のこと

この前ウチに遊びに来てくれた8歳の女の子は、
本が大好きで図書館に住みたいんですって📚笑

時々Facebookの「過去の投稿」が私の来た道を振り返らせてくれます。気づけばここ数年、一年おきに夢中で仕事する夏と、読書に浸る夏とを繰り返してました…

☆夏以外も読みますが盆休みは読書三昧しやすいです^ ^

 

2013年の夏休みは、日本の古代神話にハマってました。ホツマツタヱカタカムナ竹内文書など集めては、セオリツヒメ、ワカヒメ、ククリヒメなど日本の女神を調べていました。

日常では、六甲山に残るイワクラ(古来自然信仰の対象だったと思われる巨石)の保全活動に参加し、人によって様々に語られる神話解釈の不思議を味わいながら、「昔の賢人に出来て今の私たちには無理と決めこんでることはなんだろう?」なぁんてエキセントリック⁈な問いかけの答えを「本」に求めていました(^^)

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170815090158j:image

2015年の夏休みはシュタイナーの著作をかき集めては読みふけっていました。

現実的には、花々とともにやって来る ほしのしずく ~カミングホーム・エッセンス~に耳を傾け、世に出す準備をする傍で、見えない世界のことをより正確に知り、一定以上の質と説得力をもって伝えたい…と使命感に燃えてた時期でした(^^)

 f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170815090207j:image

そして、2017年の夏休みは『ゲド戦記』三昧。
全6巻読了して、アースシー(物語の舞台)から帰ってきました〜(^ ^) 

各巻それぞれのテーマが際だち、登場人物の個性も豊かに描き出され…この作家さんの力量すごい✨

ファンタジー作品で児童文学(対象中学生以上)になってますが、若かりし頃にこれに出会ってたら、私、反応できたかしら…? それなりに人生経験積んだ今だからこそ、深く入れる面もあるだろうと思います。

心理療法家の巨匠 河合隼雄先生は、優れたファンタジー作品を登場人物の心に寄り添いながら「内側から読む」、と同時にその時自分としてどんなことを感じているかを「外から観察しつづける」という読み方が、人の心に寄り添い支援する立場にある者の心(たましい)を磨く訓練になると述べています。(『ファンタジーを読む』河合隼雄著)

ゲド戦記も、現代人の思考パターンに沿った”お約束”に忠実な「作り話」ならこう展開するだろう…な所が違う展開を見せるので、普通にスイスイとは読みにくい部分も多いです。だからこそ、読者の内界への問いかけが深まります…

結果、読み終えたあとには判断基準の礎アンカー⚓️の深さも、判断のための情報収集をするための視野も変わってしまう印象です。余韻がなかなか抜けません。

今の私の現実の仕事、つまりトランスフォーメーションゲーム®︎やカミングホーム・エッセンスを通じて、目の前にいる人の人生の旅路のひと時をともに最大に味わい、彩り、言祝いでいくという在り方に磨きをかけるのにふさわしい本でした。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170815090231j:image

 

一見、ジャンルはまったく違うのですが、私が求めていることは、いつだってたったひとつ。
見えることも見えないことも含め、この世界のことを”ちゃんと”掘り下げ深く知りたい。そしてそのことを、カラダをもった人間として、日々の暮らしのなかで存分に表現しきりたい❣️…ってこと。

だから知りたい分野は果てしなく広く、絶対的な答えなどおそらく存在せず、気をぬくとわたし自身がバラバラに分散しそうな気がします😅

 

でもね…

本というものは不思議なほど、必要な時に完璧なタイミングで現れてくれる優れた「先生」です。

そして、押しつけることもなく(嫌なら閉じればいいだけ✨)、急がすこともなく(借り物はちゃんと返さなくちゃダメよ^ ^)、「さあ、どれでも好きなとこから始めてごらん」とでも言うように豊かな叡智を目の前に広げてくれます。

 

何の気なしに手にとってきた本もあるかもしれません。折を見て、どんな時にどんな本を読み、そしてなにを感じたか…を振り返ってみてはいかがでしょう?

もしかしたら、無意識的にあなたが大切にしたいことが見えてきたり、そこに「本の先生」が反応している繋がりが浮かび上がるかもしれません(^-^)

 

波動が変わると交友関係が変わるというけれど…

世の中を眺めていると、今、あらゆるものたちが変化の時に差し掛かってる気がする。
変わっていくのはあなただけではなく、わたしだけでもない。どの位気づいているかどうかはさておき、あっちもこっちもそこかしこ、みんな変わりどきですね♬

 

交友関係って和音みたいなものかな。

ドミソの和音は心地よく響く。1音だけちょっと調子が上がってド#ミソになると、響きがちょっと落ち着かない。みんな少しずつ上がってレファラになると、また落ち着く。

そりゃあ、今の時期、仲間内のところどころに不協和音がでても仕方ないかもしれませんね。

だから「あ、今は合わない?」って感じたら、無理に響き合わせ続けなくていいよね。不協和音は実際不快な事も多いし…💦

 

だけど、そこはとりあえず響き合わない程度にそっとして、「次に会うときはどうかな?」って楽しみを残してもいいと思うんだな。いちいち目くじら立てずに…^ ^

 

今、変わっているのは、あちらもこちらも…ってこと、忘れないでおきたい💕 みんな、どんどん変わってるから♬

もし今、「あ、合わないな〜」と思っても、1ヶ月後、3ヶ月後、1年後…あちらさんもこちらさんもどんどん変わったら、次に見かける時には最高のハーモニーを奏でられる「音同士」になってるかも💕

 

変化の時は意識してこころのゆとり持ってたいですね。せっかくのbig wave🌊の楽しみを遊べなくなっちゃうもの(^.^)-☆ 

 

 f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170809162047j:image

先日、かれこれ10年来の友人、先輩ご家族が遊びに来てくれて、神戸港の花火をベランダから眺めました。ドーン🎆

宇宙の一角から星をはぐくむ愛

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170211213112j:image

昔々のそのまた昔。

”わたし”は宇宙に開いた窓から見える茶色の可愛い惑星を愛し育てていた。

『愛してるよ。愛してるよ💕』

朝に晩に星を眺め楽しみ、星に呼びかけた。

 

『届いているよ、しあわせよ。愛しているわ✨ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•✨』

星に生きる小さな”なにか”から、

小さな返事(響き)がたくさん届いた。

 

星はスクスク育った。

よし、今日も順調だ。なんて愛おしい星✨

 

ある時、その星になにか起こった。

『愛してるよ、愛おしい星よ🌟』

『あ……あ……』

呼びかけに応える声が日に日にか細く小さくなる。

 

ある時… 最後のいのちの結びが解けた時…

愛の流れが途絶えた時に、星も絶えてしまう。

ふっと消えるだけ。

窓の向こうには広大な空間。 虚無。闇。

喪失感、無力感に圧倒される。

 

でも、星は次々生まれる。

次の星を預かる。今度は黄色い星。

その次は青い星、赤い星、黒い星、

そしてまた、茶色い星…

たくさんの星を育て、喪い、また育て。

何があろうと、そこに響くのは愛のトーン。

悠久の時、永遠に、ただ純粋に…愛してる。

 

ある時、ふとココロに決めた。

『そうだ、今度はあっち(星)に行こう!』 

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170807232343j:image

゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

昔々のことのようで、もしかしたら今この瞬間のことかもしれない。だれかが宇宙のどこかから「愛しているよ」と呼びかけてくれているような、ずっとずっと呼びかけ続けてくれていたような…そんな気がする、今日のひと時。

 

なんだかわからないけれど大きな大きな存在に
星ごと丸ごと、愛されてる夢。
星ごと丸ごと、愛してた感覚。

星ごと丸ごと愛するハラが決まっていたら
日常のささやかな出来事の一つ一つを、
愛せないはずがないじゃない?ƪ(˘⌣˘)ʃ💕

あの愛の響きを日常へ…
ほら、もう一度思い出して〜ほらほら✨

 

たましいと出会うってなんだ?

昨日の投稿たましいの分岐点:トコトンまで自分らしくいなさい! - 星のささやき 花のつぶやきで、人はトコトン追い詰められた時「たましい」と出会うかもしれない…と書きました。

「たましい」ってわからないですね。わたしもわかりません(^_-)☆ なので、日本の心理療法家の大家、河合隼雄氏の本から、少し長文ですが引用します。

゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

心理療法家とはいったい何をする職業なのか。一般には、人間の悩みや苦しみを軽減したり解決したりする人のように思われている。このことをよく認識しておく必要はあるが、いざ実際にやりはじめるとものごとはそれほど簡単ではない。(略)

仕組みとかシステムとか考える必要はあるが、人間は機械ではないのだから、それによって全部がわかるはずがない。心と体の仕組がどんなにわかっていても「いのち」ある者としての人間存在に迫ることは難しい。そこで、心と体とを全体としていのちある存在たらしめている「たましい」という存在をそこに仮定してみる。(略)人間などというものはわかるためしがないぞと腹をくくることなのである。それを「たましいがある」と表現しているのだ。そしてその「たましい」について、出来るだけ知ろうと努力する。

「わかるためしがない」といった後で、すぐに「知ろうと努力する」というのは矛盾しているが、そのようなたくさんの矛盾を許容しつつ、体験として少しは「知っている」と言えそうになったと思う。

『ファンタジーを読む』 河合隼雄 (編)河合俊雄  「児童文学とたましい」より引用

 ゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

あら、かの大先生でもわからなかったみたい(笑)

だからといって存在しないわけではないのです。ここにも矛盾がありますが、わたしは許容します(^_-) なぜなら、なにかの働きに助けられた体験が多々あるから。なにしろ機械と違い、人には多くの不思議があって当然のようです💕

 ゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

人がトコトン追い詰められたり、あらゆる矛盾による深いジレンマに正面から向き合うような時、良くも悪くも自分自身のたくさんの「顔」を受け入れる覚悟を決めた時などに、人間の普段の感覚機能とは違うスイッチが入ります。すると「たましい」が風のようにサッと常識的・自然科学的には了解できないようなことを起こし、私たちの学びを一層深みへと誘ってくれているのに気づくのです。

もしかしたら最初の出会いは劇的なことかもしれません。むしろ劇的な状態になってようやく気づくという方が正しいかも。

けれど、こんな「たましい」との出会いの体験が人生経験としてだんだんと積み重なっていくと、より微かな出会いにも反応できるようになります。

☆ちなみに、ほしのしずくで提供しているカミングホーム・エッセンスやトランスフォーメーションゲームは、こうした感性をより繊細に、より意識的に現実と結びつけやすくするツールです。

そうすると、いつか誰もが気づくときがくるかもしれません…実は日常生活のそこここに、たくさんの「たましい」からの働きかけが存在すること。いつだってわたしたちはたった一人ではなく、今この瞬間も「たましい」が手を組めるたくさんの「仲間たち」とともに、私たちの一歩一歩を見守り励まし続けていること。

☆この「仲間たち」は自然界の仲間、例えば植物や鉱物、そして目に見えない世界の存在たち、例えば天使や精霊たち。ほしのしずくの仲間たち^ ^

  ☆

ええ、そうなってくると「たましい」という捉え方より、神様とか宇宙の意図なんて呼び方の方がしっくりするように感じるかもしれませんね。なにしろ「たましい」の全体像ってのは、わからないものなのですから…

 

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170804105916j:image

河合隼雄氏は、児童文学やファンタジーの良書に人と「たましい」の出会いが描きだされていると考えられました。この『ファンタジーを読む』には、いくつかのファンタジー作品を”「たましい」を少しは知っている”河合先生の視点から読み解かれています。 「たましい」の働き方について興味がある方には面白いかもしれません。 もしかしたら「あ〜こんな体験したことあったなぁ…そういうことだったのか」と遠い昔の出来事を思い出すかも。

そんな思い出の整理をしたくなったら、どうぞほしのしずくをお訪ねくださいね。カミングホーム・エッセンスやトランスフォーメーションゲームとともに、より深い気づきへの旅のお供をいたしますので…(^ ^)💕

トランスフォーメーションゲーム®開催予定 - ガイア・ライフアートスペース ほしのしずく

Coming Home Essences : 神戸発 自然界からの贈り物

たましいの分岐点:トコトンまで自分らしくいなさい!

Facebookで見た、ニューヨークの五番街で「English man in New York」を歌うStingの動画がかっこいい!

曲の中で繰り返されるフレーズは、
Be yourself no matter what they say
     誰が何と言おうと自分らしくいなさい 🎶

MUSIC STAR - Sting performs 'Englishman In New York' live...

゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

動画が伝える空気感や人々の声に反応して、つい思い出した人生のひと時があります。
思えばかの地(NY)に暮らした2年が私のたましいの分岐点のひとつ。

街中の普通の歩道で突然こんな人が歌っちゃったり、
公園の芝生で超一流オペラを無料で披露しちゃったり、

運転免許の有効期限が窓口担当者次第で半年も違ったり、
折れた歯1本直すのにDentist 5軒に分業で処置がいると言われ絶望したり、
バス停で、カフェで、アパートの屋上で、そこかしこで見知らぬ人から
「子供産まないくせに働きもしない女はダメよ」ってお説教をくらったり…

真冬の労組デモで、地下鉄もバスも何日も止まって氷点下の街を延々歩かされたり、
突然街中が停電したと思ったら、周りの見知らぬ人同士が続々と
「俺たちゃニューヨーカーだぜ〜♬」な歌を合唱しだしたり…

日本人的にはアリエナイ事、トンデモナイ事が、日常にボコボコ起こってた街。
こんな素敵な曲が生まれるくらいだから、英語が得意な英国人(Englishman)にとっても、アリエナイ街だったのかもしれませんけれど(笑)

  
  いい意味でも悪い意味でも、
  どこから何が飛んでくるか、
  次になにが起こるのか、
  その時自分はなにを感じ、
  なにを基準に、どう対処すればいいのか…

これまで頼りにしていた自分のモノサシがあっさりと完全崩壊する場所。
生き抜くには、よほど自分を再確立するか、全く自己を放棄し魂が放浪するように時を過ごすか…そんな二択しかないみたいな街でした。


それまでをのほほんと生きてたナイーブだった私には、そりゃ地獄でした😅
ジタバタしながら「今生は骨の髄まで水谷明子として生き抜いてやる❗️」と心に誓い、
なんとかかんとか過ごしているうち、数年後はこんなに強くなりました💪💕
当時の写真。かれこれ8年ばかり前になりますねぇ…この直後にフラワーエッセンスに出会います。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170803203644j:plain


人間はトコトン追い詰められて初めて「たましい」というものに出会うのかもしれません… そう見ると、人生で出くわす「トコトン絶望的な状況」の背後に、それでもあなたを生かそうとする「たましい」の力、あと一歩前に進めようと押す見えない応援団、一筋の光を見つけられるのかもしれません(^-^)

苦労は買ってでもしろと、よく祖父母に言われたものです。
苦労など決して引き寄せるな、ワクワクだけで生きようと今の時代はいいます。
どちらも真実かもしれず、どちらも大嘘かもしれず。

大事なのはやはり、どんな場でも「どこまで自分らしくいられるか…」かと。

さてさて、

「たましい」と出会うとはどういうことでしょう?

あなたのあなたらしさって、なんだと思いますか???
それを存分に生きていますか?

 

続きはこちら>>>たましいと出会うってなんだ? - 星のささやき 花のつぶやき

゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

ちなみに歌詞の意味はこちらです⬇︎
http://mimiuchi.info/?p=151

感銘を受けた先生方の教えかた

技術やノウハウ、さらには生き方について後輩を教え導く立場にある方は、たくさんいます。そうした方々の中で、人格的にすごい「質」を現している先生に出会えることは、大きなギフトだと常々思います。

 

これまで感銘をうけた先生方に共通する質のひとつが「すっとぼけ」の巧みさ❣️ 

 

大切な「要点」を誰かに伝えるとき、(本当は何度も伝えたことであるにもかかわらず)華麗にすっとぼけて、まるで初めてのアドバイスのように、まるで今フッと思いついたことなように、何度でも繰り返し、優雅ににこやかに軽やかに伝えられる姿勢。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170801143604j:image

一般的な教師は、いつも言うように…など不理解を当人の欠点・未熟な点として認識させる伝え方をするかもしれません。もっと強烈な方々にもお目にかかることがあります…😅 

 

でも、大切なことこそコトバだけでは伝わらない。頭ではなく身体(経験)、心の奥底(深い気づき)を通じてほんとうに理解するとき、初めて身につくもの。だから腑に落ちるまで時間がかかったり、その人なりのタイミングを待つ必要があるわけです。

 

熟達された先生の姿勢…

「もしかしたら、こういうやり方が役に立つかもしれないけど、どうかしら〜?」と、まるで初めてのことのようにすっとぼけて、何度でもにこやかにアプローチできる背景には、知恵の真の習熟過程への理解、成長を待てる心持ちの穏やかさ、学びの遅さも受けとめて面倒を見れる器の大きさ、ユーモアのセンスなど、先達の人格の深さと、なにより目の前にいる一個人のいのちへの全面的なリスペクトがあらわれているように感じます。

そしてよく聴くと、おっしゃっていることの本質はたった一つ。表現や試し方はあらゆる方向から自在だけれど、すべて、ほんのひとつのことの応用に過ぎない…

 

そうした質をお持ちの先生に出会えたとしたら、とてもとても貴重なお手本を目の前で見せてくださっているのだ…と気づいていたいと思います(*´꒳`*)

 

そして、これまでに教わった珠玉の智慧の中で、今この時に役に立ちそうなものはどれだろうか…と再検討できるだけの力量も、自分の中に育んでおきたいものです💕

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170801143959j:image

何度でも訪ねたい場所とのご縁の話

若かりし頃…
世界はどこまでも広く、死ぬまでに見たいもの触れたいものはいくらでもあって、同じ場所に2度行くなんてもったいない!と思ってました。

それが…
実は気に入ったところに何度も足を運びたいという望みの方が強いことに、ふっと気づきました。歳のせいかもしれませんが(笑)


わたしが何度でも訪ねたくなるのは、何日もかけて登るような山の上ではなく、海の彼方でもなく…人の住む町や村のちょっと奥の自然の中。昔々のご先祖様たちが大切にされていた気配の残るところ。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170726102746j:image

ここは高千穂から小一時間の山奥の神社で、3度目の訪問。山に響くような蝉たちの鳴き声に身をまかせていると、心地よくそのまま山のなかに溶け込んでしまいそうな感覚になります…

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170726102805j:image

こういう場所、わざわざ遠出しなくともあちこちにあるでしょう(^-^) きっとウチの裏のお山にだってある💕

けど、なぜかは知らないけれどご縁を結ばせていただき、なぜだか時折「おいで、おいで」といわれる場所には、都合がつく限り何度でもお伺いしたいなぁと思う昨今…(*'ω'*)

ご縁…大事にしていきたいです。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170726102820j:image