星のささやき 花のつぶやき

神戸・六甲山麓から日本の大地と花のエッセンス(Coming Home Essence)を届けています

知ろうとする姿勢・「寄り」と「引き」

何かを学ぶのは、私にとって楽しい事です 新しい可能性とともに、見える世界が広がります(*^^*) 最近、何かを知ろうとする姿勢に「寄り」と「引き」の2種類があることを意識しています。(勝手な命名です) 知りたいことを自分から探りに行く姿勢「寄り」は…

地球のグランドデザインに沿った『しあわせ』を顕す

人はみな しあわせになるために生まれてきたよ 人だけでなく 地球上のすべての命は みな しあわせであろうとしているよ ねぇ… 「しあわせ 」 ってなに? あなたの しあわせ ってどういう状態? もし あなたの しあわせ の状態が実現したとして そのとき 周り…

癒されなくてもいいです。今の私でいけます!

細かい諸々をことを「癒さなければ」と ぜんぜん思わなくなりました。 なにかを「ゆるさなければ」とも なにかに「感謝しなければ」とも ぜんぜん思わなくなりました。

お地蔵さんが座ってる紫の花

幼稚園に通う姪っ子が好きな花は、『お地蔵さんが座ってるような、紫色の花』なんだって。本物見たことないけど、テレビの子ども番組(理科の番組)でみて、好きなんだって。 お地蔵様が座ってる花!なんて素敵な表現する子だろうその子のセンス、私、大好き…

みずみずしき ことのはを 語れ。

今。 新たな始まりぞ。 みずみずしき ことのはを 語れ そう、星々が伝えてくる。 なによりも大事なのは、 自ら体験していることを語ること。 誰かがこう言ってたとか、 昔からこういうもんだ…とか。 ものの本にはこう書いてあるとか。 確かに大切なこともあ…

自分の外の大きな世界に、感性を広げていこう

日常の延長上に広がる「外の世界」で起こりつつある波をキャッチしましょう 「小さな自分の日常世界」か「外の大きな世界」かの、どちらかを選ぶ必要はありません。同時に両方の質をもって、一段階おおきな世界に呼吸を合わせていきましょう(^^♪ どうやって…

言葉って生きてる!『翻訳語成立事情』

「社会」「個人」「近代」「美」「恋愛」「存在」「自然」「権利」「自由」「彼、彼女」 これら幕末〜明治時代に翻訳のために作られた"新造語"や、もともと日常語に翻訳語としての新たな意味を与えられたことばが、作られ、流行り、使われるようになった過程…