星のささやき 花のつぶやき

星は宇宙の理を 花は地上の調和を 涙は心のカタチを教える

何度でも訪ねたい場所とのご縁の話

若かりし頃…
世界はどこまでも広く、死ぬまでに見たいもの触れたいものはいくらでもあって、同じ場所に2度行くなんてもったいない!と思ってました。

それが…
実は気に入ったところに何度も足を運びたいという望みの方が強いことに、ふっと気づきました。歳のせいかもしれませんが(笑)


わたしが何度でも訪ねたくなるのは、何日もかけて登るような山の上ではなく、海の彼方でもなく…人の住む町や村のちょっと奥の自然の中。昔々のご先祖様たちが大切にされていた気配の残るところ。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170726102746j:image

ここは高千穂から小一時間の山奥の神社で、3度目の訪問。山に響くような蝉たちの鳴き声に身をまかせていると、心地よくそのまま山のなかに溶け込んでしまいそうな感覚になります…

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170726102805j:image

こういう場所、わざわざ遠出しなくともあちこちにあるでしょう(^-^) きっとウチの裏のお山にだってある💕

けど、なぜかは知らないけれどご縁を結ばせていただき、なぜだか時折「おいで、おいで」といわれる場所には、都合がつく限り何度でもお伺いしたいなぁと思う昨今…(*'ω'*)

ご縁…大事にしていきたいです。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170726102820j:image

時間を外した日は、読書三昧の一日

7/25は、マヤ暦でゆく年と来る年のはざまの日。「時間を外した日」と呼ばれます。私はこの日はいつも用事を入れず、その時その時に起こる流れに身をまかせて一日を過ごしています。

 

今年は…積ん読コレクションの中から、この2冊を引っ張り出して読書三昧でした。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170725224345j:image

「メタスキル」はプロセス指向心理学に関わるセラピストの姿勢についての書物。「イーグルウーマン」はカナダのメディスン・ウーマン(呪術師)の物語。

一見なんの関わりもなさそうな2冊をなんで一度に手にしてるんだろう?と思いつつも、まさに「時間を外した日」らしく、誰もなにも邪魔されることなく、それぞれの世界観にドボーンとダイブしてみました^ ^   

 

大きく括れば、どちらの本も現代的な生活をしている者がシャーマニックな物事の見方をどうやって身につけていくかを問いかけるという共通点がありました。

シャーマニック…つまりは、目に見えていることの奥、現れていることの伏線にどんなエネルギーの流れが起ころうとしているか、そこを感知して流れに身をまかせ、感覚を開き知恵を受け取り、行動を起こす…ということ。

そこだけ聞くと魔法使いに憧れる夢みる夢子さんの言葉のようですが…笑  量子力学的な発想を味方につけると、実は案外日常生活にしっかりと根ざすことができるスキルでもあり、知恵でもあるのではないかと思えるのです♬ 

 

トランスフォーメーションゲームのファシリテーションや、カミングホーム・エッセンスを創る作業は、実は、こうした表に出てきてないなにかの「兆し」に反応している行動の集合体なのですよね〜 ^ - ^  そして2冊を読みながら、若かりし頃に没頭した弓道や茶道の体感覚を思い出したり…すべてバッチリ繋がっているのです。

 

期せずして、異なるジャンルの2冊をこのタイミングで一気に読んだことで、なかなか興味深い科学反応が私の内側で起こり始めている気がします。

変化の時:自然に起こる「調整」に気づいて上手に波に乗る

先月末あたりから、プライベートでも仕事でも、研修やら考え事やら、知恵熱が出るまで脳みそ(左脳)を使ってました。

それは、いま目の前に展開している「現実」の見方を拡大し状況への具体的な対応策を考えるという意味で、とても大切な過程でした。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170724174038j:image

諸々がなんとなく一段落したので、九州で夏休み。山や川で何をするでもなく、ただ感覚を開いて座る、歩く、寝る… そして、友と話し、笑う。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170724174114j:image
過ごしたい場所で時間を過ごすと、それは自然にわたしの五感に関わる部分(右脳)をリセットしてくれたような気がする。ゆったりとのんびりと、よりおおらかな感性へと…それを狙ったわけではないけれど ^ ^

自然に必要なことが起こる…かもね💕

 

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170724174141j:image

カラダ、ココロ、スピリット…
大きな変化を通り抜けつつある今この時期。
パーツパーツが機能アップするに合わせ、全体のバランスを整えながら、一歩一歩進んでいく。

今は、そんな時。

じっと『patience (忍耐)』な2017。

どうもいつもと違う…

今年に入った頃から、妙に気配に敏感というか…ザワザワする周りの空気に交われず、ひとりじーっとしていたい気分。

わたしの中に宿った「なにか」を、表に出してもよくなるまでそっと抱きかかえているような… アオムシがサナギになり、チョウへと変わるような…そんな時期を過ごしているような気がしてる。

 

いつもなら「元気がでない時は山へ行こう」と思うし、「気分の重さはエッセンスで解放できる」という智慧もある。でも、今はそれすら望まず「このまま、そっと見てて」となにかがささやいている感じ…

゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170510080805j:image

トランスフォーメーションゲームに出てくる『Patience(忍耐)』のエンジェルカードは編み物をしています。

『忍耐』って日本語の語感は、歯を食いしばって耐え忍ぶ…みたいなものだけど、このエンジェルのメッセージは、潮目を見て、時が来るまで編み物でもして待ってみよっかなぁ〜ってとこ。

 

「待つとき」

力まず時の流れに身を任す。
そういう時間があってもいい…

゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

見えない世界(サトルワールド)との手の組み方

6月にお世話になった長野の夏秋さんのお庭で、チコリーが咲いているそうで… 「あまりにかわいいから送るね〜」って写真が届きました…

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170711104214j:image

花の外見はもちろんですが、その佇まいやなんとも言えない雰囲気、周辺にこの花を育てている見えない存在がわらわらと集まっていそうな気配…(写真には写りませんけどね💕)

そんなことを遠慮も照れもなく、隠しもせずに、感じたままにわかちあえる仲間がいるってしあわせ〜(*´ー`*)

゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

6月末から約2週間かけて、トランスフォーメーションゲームの創始メンバーのおひとり、メアリー・イングリスさんから学んできました。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170711111907j:image
大きな学びがいくつもありましたが、私にとって一番のギフトを挙げるなら、「見えない世界(サトルワールド)との手の組み方」をしっかりと教えていただいたこと。

実際に、サトルワールドと人間が手を組んで、一緒に作り出す場(フィールド)には、驚くようなギフトが現れてきます。2週間実体験してきたので間違いない❣️

それは目の前に100万円積まれるという類のものではないけれど〜(笑) 次の一歩を見出すためのひらめきやヒントが、見事に確実に現れてくる…∑(゚Д゚)✨ 彼らには時空間は関係ないので、思わず「油断も隙もない」と呟きたくなるほど。

 

メアリーは言っていました。

人間は地上で唯一、世界の多層(物質層〜見えない層まで)に働きかけられる存在だと。

このことに意識を向けられる人間が増えると、見えない層の存在たちが物質的な層に「よき働きかけ」を届けることができるのだと。

そして、もちろん人間からも見えない層に働きかけることもできる… より大きな大きな世界とともに創造活動に参加できるのです💕

 

この世界観は、ここ数年カミングホーム・エッセンスを作りながら感じてきたこととまったく同じ…

あぁ、やっぱりそうなんだ❣️

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170711111152j:image

期せずして、この夏至にほしのしずくは名前を少し変えました。

「ガイア・ライフアートスペース ほしのしずく」

地球に生きてること、暮らしそのものが丸ごと「アート」なんだっていう目線です。

 

ほしのしずくとしての今後の活動は、多分大きくは変わりません(#^.^#)

トランスフォーメーションゲームとエッセンス、そして年にいくつのお楽しみイベントと…

けれど、ひとつひとつの出来事の裏で一緒に創造する見えないパートナーたちの力添えは、だんだんとパワフルになっていくはず…✨

人間関係と一緒で、少しずつ仲良く、だんだん信頼が深まっていく…💕どうやら、そういうことみたいです ^ ^

失敗する自由/学ぶチャンスを奪ってはならない

自己の自由な裁量の元で、悩み、考え、選び、決め、行動する… その先で起きる「失敗」から学ぶことは多い。

 

この視点から見るなら、もし目の前の人が失敗しそうだからといって、先回りして止めたり、求められてない忠告などまったく必要ない。

 そう、一切、ない💕

 

…そっと見守る『愛』が、そこにある…

ひとりひとりが豊かな経験から、より深い叡智につながる可能性をそっと広げておく、おおらかな愛の表れ。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170607105412j:image

 

あ、これ、「自由な裁量の元で…」というのが、とても重要。

何かに縛られた上での苦しみや失敗を繰り返してる時は、傍から、ほんの少しのサポートが役立つこともあるかも…(^ ^)

 

写真が発するメッセージに共鳴するとき

伊東在住の写真家 イブキチエコさんが撮影された、美しいワンシーン。 

先日写真館をお訪ねしてこの前に座った時、深い記憶の奥の層からなにかを思い出すように、カラダがジーンとして…

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170706210318j:image

フッと心の中に浮かんだ思いは「神様、ありがとう…」でした。


「ほんの一瞬の太陽と海と風と…ガイアの響きあいの瞬間と、チエコちゃんというかけがえのない存在の眼と、カメラという技術との共同創造の結晶として生まれた写真。

こんなにも美しいものを見せてくれて…神様、チエコちゃん、ありがとう」…って。

゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

その時、背後でチエコちゃんが言ったの。

「ねぇ、Facebookでこの写真をアップしたときのあっきーのコメント覚えてる? あなた『神様ありがとう』って書いたのよ」…( ^ω^ )笑

 ゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

 

それを聞いて、「神様ありがとう」は、この写真が発してるメッセージだと思った…💕 そしてチエコちゃんは、そういう写真を撮れる人なんだなぁって。

 

チエコちゃんのご好意で、今、この写真はウチの玄関で「神様ありがとう」の周波数を発してくれてます。

遊びにこられたら、感じてみてね💕