読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星のささやき 花のつぶやき

星は宇宙の理を 花は地上の調和を 涙は心のカタチを教える

わたしらしく…って、どんな らしさ?

このことを考えはじめてしまった時には、

こねくり回さないように、シンプルに考える。

 

とにかく「小さくいよう」と思わない (*´꒳`*)

身長160センチの、このカラダが私だなんて

夢ゆめ思わないこと。

 

私は、この素敵なカラダに宿っている

ひとつぶの 🌟光  🌟ほしのしずく

 

もちろん、

ひとりのオトナとして

これまで、このカラダとともに育んできた

成熟した意識とともにありながら…

思いっきり人間生活を体験すること。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170314081851j:image

 

ときには  遠慮なく 笑い…

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170314081743j:image

ときには  包み隠さず 怒りを露わし…

ときには  腹の底を響かせて 他の話に耳を傾け

ハートの奥から 大地とひとつになる

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170309091838j:image

 

その都度、わたしの中で、 わたしを通じて、

なにかが 光る 🌟

 

 

どこかの星のかなたから

この星を眺めるどこかのだれかの間で
『おい、なんだあの光? あれはどこのどいつだ⁇』
と話題になって…


『あ〜あの光ね、ユニークやろ〜〜✨
あれ、六甲のあっきーが放ってる光やねん(๑˃̵ᴗ˂̵)』
って、話題になる位でちょうどいい…笑

 f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170314082554j:image

 

自分がもともと持ってきた✨光が

充分な強さで輝けるようになれば、

自然に

その光の「質」に合わせて役割や場が与えられる。

その時、必要なものはすべて用意されているから

信頼して、淡々と進んでいけばいい。

 

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170309092745j:image

 

 

貴方の友等と共に生きぬくことをしなさい

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170313124352j:image

”人はその創造の初め、ロゴス(神の言葉)の中心に置かれた。一切の真理はこの単純にして核心をなす思想の中にある。息を吹き込まれ、肉体をとり、神から離れ、己の自由意志に気付き、この自由意志をわがままな童子のように使い振る舞い、その結果、人は災いの沼の中に堕ちた。現に人は災いに満ち、今も悩み続けている。しかも、人は神の心から決して切り離されていないのである。

 

もし、人が宇宙の神秘の中へと進みゆくなら、道は黙想の彼方へと続き、内在の神のかすかなる声を聞くものとなる。永遠の神秘の一切は人間の内部にあるのだから。どんな書も人を教えることは出来ない、書物の中にあるのは心の刺戟だけだから。知恵は心から出る。それ故に「静寂を守り、己が神であることを知れ」

 

しかも、神を知るためには、人はいっそう沢山の生を生き、極限までも生きぬき、生を味わうものとならねばならない。そうでなくして、どうして人は神を知るものとなり得よう。

 

それは最初は難しいことかもしれない。しかし、かように吾等は申しておきたい、人と喜びも悲しみも分かち合いなさい、人と共に泣き、人と共に笑い、人と一つにおなりなされ。人から学ぶことがいかに多いか、そのことにみなさんは驚くだろう。決して人間味を失ってはなりません。粗雑、粗野の下に火を見出そうとしなさい。常に現実の生の中に身を置き、自分ひとりよがりにならぬこと。貴方の友等と共に生きぬくことをしなさい。”

 

『ホワイト・イーグルの霊示 霊性進化の道』

グレース・ クック 著  p 82-

 

 

ただ 生きるために生まれた

わたしは  ただ

ハートの底から 光の方へ伸びをして

のびのびと ゆうゆうと

生きるために 生まれた。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170308203903j:image

わたしとして

思う存分に  のびのびと   ゆうゆうと。

 

わたしがわたしで あればこそ

あなたはあなたで ありやすく

思う存分に のびのびと ゆうゆうと。

 

そのように 生きたなら

どこで なにをして 生きようと それでよし

 

それこそが  使命。

 

わたしも

きっと あなたも。

変わる必要なんてない。ただ「自然」であればいい

ただ、自然であればいい

 

変わらなきゃ…なんて思う必要ない

あれしなきゃ、これじゃダメ、まだまだ…

全部いったん横において…

 

深く呼吸をして、

カラダの細胞の一つ一つに空気を流し込んで

ふんわりとさせてみる

空気の流れに  ほんの少し  心を開いてみる

 

ふわっとした「自然」な心の目で

目の前のことを眺めてみたら

今まで気づかなかった光が

チラッと横切るかもしれないね…

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170307092539j:image

もし、そんな光をみかけたら
   目で追ってみたらいい
   見やすい姿勢に動かしたらいい
   手を伸ばして触れるかな?
   場所を動いたらもっとよく見えるかな?

   自然にふわっと、カラダを動かしてみたらいい

 

ただ、それだけのこと。

ヒトも自然界の産物だから、

ただ、そのまま自然であればいい


コンクリートの塊みたいにガンと踏ん張って

ああじゃなきゃ、こうじゃなきゃ…って

大変でしょ…(o^^o)

わたしは、水であり、火。空であり、大地。日であり、月…

わたしは…

    水であり、火。 

    風であり、土。

    月であり、日。

    空であり、大地…

 

わたしは…

    柔であり、剛。

    オンナであり、オトコ。

    みんなであり、ひとり。

    すべてであり、一点。

 

わたしは…

    わたしであり、あなたであり、すべて。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170301172959j:image

全体像が見えれば、生きる知恵と力が湧いてくる

問題から目線が近すぎて

全体の流れが見えていない時…

 

少し離してみようよ。

ほんの一歩。

ほんの十歩。

ちょっとさがってみようか…

 

全体が見えたとき、

浮かび上がる「なにか」が必ずあるから。

 

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170209000643j:image

オオニワゼキショウ 誕生秘話~Coming Home Essence~

駐車場の隅に咲いているのを初めて見たのは2015年春の小豆島でした。
とても小さな花ですが、薄紫のライン、真ん中の黄色、美しい六枚の花弁…
気品ある姿に一目ぼれしました♪

 

このお花でいつかエッセンスを作れないかなぁ…
導いてほしいなぁ…と願っていたある日、
六甲山の中腹を歩いていたら空に彩雲を見つけ、
写真を撮れそうな高台に駆け上がったら、そこがこのお花の群生地☆彡
導きに感謝でした☆

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170222222121j:plain

お花をひとつひとつ摘み、グラスにポトンと落とすと、
自然にくるりと上を向き、グラスの淵に沿ってすっと整列してくれました。
その姿もまた本当に愛らしくて、いとおしくて…。

エッセンスができるまでの数時間、
くさっぱらでオオニワゼキショウにまみれて寝転んでいました。
ほんのかすかなそよ風に、草原全体が一斉にそよぐ姿は『美』そのものでした…

 

このお花の教えてくれる質は『従順さ (Surrender)』。

その身を 宇宙にゆだねてごらんなさい
  逆らわず ただ風を全身に受けながら

  すべては 流れの中に 整っています

  ただ受け取り ただ感じ 
  身をゆだねる勇気を 知ってください

 

自らの尊い特質に十分に深く気付いたうえで、
そのすべての佳き部分をより大いなる意志(神、生命のルール、宇宙)に
沿わせ花開くことを選択する… 
そうすることで、より大きな流れに身を任せ、
大きな動きの中で自らを生かしていく…

 

そういう物事の捉え方を思い出させてくれるエッセンスです。
《オオニワゼキショウのエッセンス 詳細》
http://stellagutta.cart.fc2.com/ca5/6/p-r-s/