星のささやき 花のつぶやき |ほしのしずく

『平和の人々 シー(Sidhe)のお話会』やトランスフォーメーションゲーム®︎などWSを各地で開催。見えない世界とともにある1人の人としての生き方を探究。ほしのしずく〜ガイア・ライフアートスペース主宰

《サトルワールド》

見えない世界に心を合わす、、、ということ

20日に2回目のシーのお話会をするので、なにをお話するか、アンテナを向けてチューニングを合わせています こうしたチューニング合わせのことを、フィンドホーンではAttunement (アチューンメント)と呼んでいます。友人はこれを「心合わせ」と説明していま…

1/20は平和の人々 シー(Sidhe)のお話会@神戸

伝説に語られる見えない存在《平和の人々 シー(Sidhe)》が、今ここ、現代の日常生活で、あなたに語りかけているとしたら? おとぎ話のようで、実はリアルな今とガッツリつながっている、目には見えない領域《サトル・ワールド》のお話を、未翻訳の書籍によ…

弱り目に祟り目…あゝこのこと!

普段は他者の想念の影響受けない人でも、体調不良や心配事で自身のモードがいつもより凹み気(弱り目)になった時というのは、たまたま近くにウヨウヨしてるネガティブな想念シグナル(祟り目)を受け取りやすくなります。

新しいノートとともに新年を迎える

バラバラに見えるいくつかのインプットを俯瞰して、繋がりを見つけるためのノートを用意しました。 人の言葉のコピペでは留めずに、 わかったつもりにならないように… 自分の中で確実に錬金術を起こすノートを。

宗教と科学の融合の場は、ダイナミックなカオス(=渦)

しみじみと… 今年2018年は、わたし自身の抱えてきた『偏見』『思い込み』を吟味して、目の前の存在を見て見て見て。よぉく見たうえで、固定観念の老化したものにバイバイ👋していくタイミングだな… それも、かなり徹底的に!!

ケルトの伝説『平和の人々 Sidhe(シー)』のお話会 2

シーのお話会第二弾。 去る11月23日秋分の日に開催した初めての「シー(Sidhe)の茶話会」は、ご参加いただいた方から「勇気が湧く」「答え合わせができる感じ」などご感想が届く、ほんとうにあたたかな励ましに満ちた時間になりました。さて第二弾は?

自分で踏み出す一歩は「ちょうどぴったり」になる

占いとかでよく「枠を越えなさい」って軽〜くいうけれど、 「枠」があることを、ありのままに感じることこそ、 よりはっきりと「自分」を知ること。 そして、その外側の「自分以外」「表れていない未来」を知ること。

奄美大島 ヤドカリとのお話

この小さなヤドカリに気づけるか、 姿を見ずに歩き去るかは、 ヤドカリがいるかいないかの問題ではなく 気のせいとか、気持ちの問題でもなく シンプルに、感知力や注意力の個人差。

岩とちょうちょのサークル 第2回

ところで、この「流れ」はなんだ? 「ねぇ、何が起ころうとしてるんだろ?」って、もうおひとりのご参加くださった方に問いかけたら… 「どっか行く?山?」とご回答。

「シーの茶話会」開催しました☆

昨日11/23、「ケルトの伝説 シーの茶話会」を箕面のほしのしずく堂さんで開催させていただきました。 初めての試みに、なぜか有り難くも満席のお申込みをいただき、ドッキドキの2時間。ご参加のみなさんのにこやかな、そして真剣な眼差しに支えられながら、…

深海のような、星々の間のような領域

深海のような、星々の間のような領域を流れ星のようにまっすぐまっすぐ突き抜けてココに来たような気がする。 そして、まだそのつながりの扉を自分の中に保てていることに気づく✨だれもが…ね。 明後日の「ケルトの伝説 シー(Sidhe)の茶話会」にむけて、チュ…

シーの茶話会とサトルワールド(微細な世界)

サトルワールドって? 「見えない世界」というと少し意味合いが変わってしまうのですが、要は人間のように物質的なカタチを帯びる程密度が高まった状態に比べ、密度が薄い、より微細な、カタチにならない世界の話です。実は地球の生態学(エコロジー)の話。…

人の記憶には3本の波形が残される…という夢の話

三年前に見た、妙にはっきりしていた夢。 人の魂の記録には、3本の波形が残される。 1番上は「何をしたか」 2番目は「どうあったか」 3番目の「約束の実行」の記録

ケルトの伝説『平和の人々 Sidhe(シー)』の茶話会

この度、箕面のほしのしずく堂さんで、シーの茶話会をさせて頂くことになりました。 古代ヨーロッパ、ケルトの伝説の存在「シー」は、どうやら時代や地域に限らず、今も身近にいる地上の仲間のようです。そしてまた、、、日本の神話とシーが語る話には、ある…

自分磨きはお腹いっぱい…の次のステージ

決して気取るつもりはないけれど 自分を満たす、自分を磨く、自分が豊かになるための… そんな言葉にまったく満たされない昨今^^ もっと大きな、広がった、スペースへの渇望 スケールの大きな視座から物事を見たい! そこから自分の今日の行動を決めていき…

岩とちょうちょのサークル 💫 はじめます

☆ほしのしずく、新たな取り組みを始めます☆彡 特別ななにかを「信仰」するでなく、だれが先生というでもなく、上下ではなく横並びの関係=サークル活動。決してお互いをジャッジせず、縛らずゆるやかなつながりの中で、ともにのんびりと磨きあえる繋がり(サ…

ごく自然な日常の延長線上にある、本来の力を磨こう!

人はだれでも 意識の使い方をちょっと工夫すれば、 五感を越えたその奥の感覚を目覚めさせて活用でき 見えないエネルギー・フローに意識と呼吸を合わせながら、 今ここ を より自由に描き出していくことができる力を持っています。 ほしのしずくが日々探求し…

世界を波と捉えてみよう☆お話会&エッセンス作りのWS

駒ヶ根でのお話会&エッセンスを作るWS終了(=´∀`)人(´∀`=)(*´꒳`*)(=´∀`)人(´∀`=) 自分のためのエッセンス作り。目に見えているもののその奥に無限に広がる"なにか"との出会い。言葉にし難いけれど、カラダのどこかが自然に反応する…そんな出会い。 7/17 …

心の中の、恩師

素敵な人に出会った。とても静かな人だった。終始、ただ穏やかでにこやかだった。 話しかけると大抵、ただ「うん」と応えた。あったかい視線で、全部聞いてもらえたと安心できる「うん」だった。 私の質問に答えるとき、私が知っていることを5センチ掘り下げ…

静かに見極める目を養う

心に浮かぶその「それ」は、空想の産物(imaginary)か心の目が見定める姿(imaginal)か。 それを見極めるのは、他の誰でもなく大地に根ざす静かな自分。 ひたすら経験を重ねるしかないのです… ゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.: しんしょう【心象】imaginal …

活動の場を海外にシフトしています☆

ほしのしずくはこのところ、活動の場を海外にシフトしています☆ ・・・というのは冗談(誇大広告)です(^ー^)が、素直な思いをためらいなく表現し、共鳴しながらともに学べる仲間を『地上のどこでもいいから…』と求めてきて、それが芽吹き始めてます ほしのし…

人と関わるって大変だけど、少し気楽な深い愛の話

「人と関わる」って大変ですねあっちも人ならこっちも人!無条件の愛とかムリ 人の中でしか学べない…そんな学びはノーサンキューと思う私がいます。 一方で、一見難しい挑戦の奥に燃えるかすかな炎を確かに見ていて、このために今ココにいるのね…と、どこか…

人と人、人と土、人と自然、人と宇宙を繋げる愛

より良く生きることを目指して、よく学びよく遊び 努力を積み重ねてきました。 その結果、一番大事なことは学び遊んでいるその瞬間に、なにを思っているかだと気づきました。 今ないものを目指すのもいいけど・・・ 今この瞬間、この地球にいる「人」を、そ…

宇宙とつながるって、誰でもできるって(^ ^)

宇宙を感じるとか、自然と繋がるとか、精霊と協力するとか、ちっとも特別なことじゃない。 窓辺の陽射しに「わぁ〜☀️」とか机の上のキャンドルを「ほっ」とか川の流れを「ボーっ」とか鳥の羽ばたきを「へぇ〜」とか、強風の真正面に立って「ビュー」とか海に…

イワクラと私の、ウフフな関係♬

ほしのしずくで、よくイワクラって書いてるけど、ただの岩や普通の山とどこが違うの? イワクラとは、縄文時代から古墳時代にかけて形成された巨石遺構をさす。その時代時代の人間が何らかの意図を持ってその目的や役割に合致するよう磐を人工的に組上げある…

万物に宿る光とは少し違う「個性の光」を見る

目の前の人の奥に、星のような輝きが見える。わたし自身にもあるし、だれにでもある輝き。木にも、岩にも、花にも… 人にも。ろうそくの炎のようだったり、キャンプファイヤー級だったり、華やかだったり、静寂だったり、それぞれに個性豊かな光たち。「万物…

全体と部分:統合のとき

「全体と部分」という捉え方が、際立ってなにかを伝えようとしている感覚があります。 家の片付けのことかもしれないし、今夜の献立のことかもしれない。仕事のプロジェクトの組み立てかもしれないし、社会の構成ということかもしれない。テーマは人により、…

見えない世界(サトルワールド)との手の組み方

メアリーは言っていました。 人間は地上で唯一、世界の多層(物質層〜見えない層まで)に働きかけられる存在だと。 このことに意識を向けられる人間が増えると、見えない層の存在たちが物質的な層に「よき働きかけ」を届けることができるのだと。 そして、もち…

知覚できる世界を「整理・統合」していく

私たちは五感(見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触れる)を通して感じ取ったものを知覚し、認識して、自分の行動に反映していることを知っています。 けれど、実は多くの人は五感以外の感覚も普通に感知し影響を受けています。「空気を読む」「虫の知らせ」などのこ…

Oneness。その先の未来へ…

Oneness がゴールだなんて、だれが言った?大いなるものとひとつになることが『終着点』だなんて…ないない。 だって、それだけが望みなら 地球に生まれてくるはずがないじゃない? Oneness への帰還。 それは卒園式みたいなもの💓 その先に、小学校6年間がはじ…