読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星のささやき 花のつぶやき

星は宇宙の理を 花は地上の調和を 涙は心のカタチを教える

人の魂の記録には、3本の波形が残される

先日のウエサク祭の晩に見た不思議な夢。
地震の波形図みたいのを前に、なにか考えてるシーン。

〜〜
人の魂の記録には、3本の波形が残される。

1番上は「何をしたか」

これはひとつの生涯ごとにはっきり違うラインが現れる。
大事なことのようだけど、実はただの”刺激”の記録なの。

まぁ、あとで出てくる3にも関係することもあるけどね。

2番目は「どうあったか」

特に人との関係において、何を感じ、何を考え、どういう関係を築いたか。つまり心・意識の記録。これは長い長い記録で、たくさんの転生でのあらゆる心の動きを、すべて1本の波形で記録してる。

実は1より2がずっと大事で、1は2の気づきをより深めるための刺激材として、仕組んであるものにすぎない。

魂は愛の”実践”のために、この星に降りてきてる。まず人との関係。そして、意識が深まっていくと意識の対象が動物や植物、鉱物、その他あらゆる生命体に広がる。いのちの”種類”を隔てる壁なんて本当はないから…

過去に(時には過去生に)、こんがらがらせてしまった人やものとの関係を、ほぐしたり和らげたり、伝えそびれた思いを伝えたり、時にはきっちり解消することは大事なこと。そして、それがこうして全て記録されるの。やり残しは次の生涯で再挑戦が必要だから。

この心・意識の動き=愛の学びをスムーズに進めるいろんなやり方があるけど、植物や鉱物も助けてくれる。それはもう認識してるね。よし!

そしてね、さらに微細な波形だけど、今気付いて欲しいのが次。

3番目の「約束の実行」の記録。

魂は時に、個別の学びのためだけではなく、全体への奉仕を約束してきている。全体ってわかる?『全体』のことだよ。

『全体』との約束に繋がる”なにか”を行動した時に「クリック」するような波形が出る。大事なのはその行動をどれだけ意識的に実行できたか…なんだけど。

ここがまだわからないんだね⁇ もうちゃんとやってるんだけど、無意識で実行してる時の波形がでてる。現実の行動とのつながりが見えていないようだ。

今、多くの魂がこの課題に向き合ってるんだ。

ほら、気付いて。
考えて、思い出して。
そして助け合って。

まず、今までの「クリック」がいつ為されたか、波形をヒントに思い出してみて。
(この先のヒントが宇宙語的…)

〜〜〜

…ってなことを、めっちゃ考えるんだけど、あまりに曖昧で、論理的に捉えきれない。

誰かが語りかけてるのか、自分で考えてるのかさえ、わからない夢。

夢だか現実の思考だったのかさえ、よくわからなくなる。

なぁんて、落とし所のわからない夢の話なんだけど…(^^;; どういうことなのかなぁ。 なにかピピっとくる人、いるかしら。

✳︎ 画像はイメージです。

自動代替テキストはありません。