星のささやき 花のつぶやき

星は宇宙の理を 花は地上の調和を 涙は心のカタチを教える

フランキンセンスを眺めながら・・・

乳香(フランキンセンス)の樹脂のかたまり。
金色の輝きに、ポーッと見惚れてます。

この樹脂を精製し、オイル状にしたのが、精油フランキンセンス
薬効的にも極めて優れていて、高い抗がん作用、抗ウイルス作用は
学術的にも研究が進んでいるそう。

香(インセンス)の原料として、最も歴史が古いもののひとつで、
『神聖なものとのつながりをもたらす香り・煙』としても
いまでも重用されています。

frankinsence.jpg

大切な友人のご家族が旅立たれたと聞きました…

看護の助けにと、フランキンセンスと、いくつかの精油
フラワーエッセンスをブレンドしたスプレーをお届けしていました。

病室にスプレーしたり、マッサージしたりされると、
穏やかな優しいお顔になられたそう。

 

ひとは、肉体の最期をどう理解し、どのように離れていくのでしょう…

未体験で、とても怖いような気がすることもあります。
でも、なぜか「だぁいじょうぶ(^^)」と微笑んでいる感覚が、
体のどこかにあったりもします。

 

フランキンセンスの黄金の輝きや、気持ちが静まる香りを嗅ぐと
『なんてことはない、ただこの光に戻っていくだけだよ。』と
肩を撫でられるような…帰り方を思い出すような。

 

旅立たれた方が、まっすぐに光の中心に帰られるように…と
お祈りしていると、こんな、考えても仕方のない、
とりとめもないことが頭をくるくる回ります…