読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星のささやき 花のつぶやき

星は宇宙の理を 花は地上の調和を 涙は心のカタチを教える

不快のシグナルから気づく・・・例えば・・・

わたしの涙

先日、快・不快とのじょうずな付き合い方について書きました。

 

ひとつ具体例を挙げてみます。

 

ほしのしずくにご相談くださる中には、セラピストさんや、「お母さん」を含む支援職にある方がとても多いのですが、「こんなに人を癒して(応援して)いるのに、わたしを癒してくれる人がいない…という、深い孤独感、時に絶望に近いあきらめの想いを秘めていらっしゃることが、かなり頻繁にあります。

 

そして、孤独感や諦めという「不快感」がある・・・という状況を、「傲慢なのではないか」とか「自分には優しさや愛にが足りない」とご自身を責められたり、「こんな気持ちでは人を癒せない」と自信を無くされたりしています。

 

一方で、何件もそのご相談を受けていると、共通して見えてくる状況もあります。

孤独感に包まれてしまったとき、どんな風に時間を過ごしているか・・・

 

本当に心のきれいな、優しい方がおおいのです・・・

多くの方が他人に八つ当たりしたりなどせず、ある方々は神社の清々しい空気を吸いに行ったり、大きな木の下で休んだり、花を眺めに行ったり、川や海で水の流れる様子を眺めたりされるようです。

 

桜

 

これ(わたしもよくやるのですが)、『自然』の中に宿る癒しのパワーを無意識に感じ取って、そこでご自身を休めているんです。 いつか、心身のエネルギー状態を計測するふさわしい技術が開発されるとき、この自然の癒しの Befre/After がはっきりわかるときが来るんじゃないかなぁ~

 

また、別の方々は、ご自身の手元にあるグッズ(クリスタルだったり、楽器だったり、食材だったり・・・)に触れて、いつもとは違う使い方を探すことに没頭されたりするようです。 創造作業・・・これも、新しい選択肢の掘り起しですね!

 

.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.

 

簡略化して書いているので、結論が短絡的に見えるかもしれませんが・・・

こうしてみると、「自分を深く癒してくれる人がいない」という不快感(孤独感、あきらめ)が、実は(決して少なくないケースにおいて)、「他人に依存せずとも、すぐそばに素晴らしい癒しのパワーが満ちている」とか、「このエネルギー源を使うと、癒しのスキルをパワーアップできる」という、次のレベルの癒しの可能性について、気づきと成長を促すシグナルに見えてくるのです。

 

『不快シグナルを spirit に渡して、そこで冷静に認識して、状況を理解して、対応したい』 と前の投稿で書きました。 具体的には、こんな観察を常日頃から、意識的にできたらいいんじゃないかなぁ~と思います。

 

 

ちなみに・・・

不快感を感じたとき、つい反射的に反応してしまう「習慣化しすぎた心の癖」を和らげ解消するのは、もちろん、自分の意思でもできます。 

でも、フラワーエッセンス・セラピーの得意分野でもあります☆ 

ちょうどいいエッセンス、お選びしますよ~♪ ご相談くださいね(*^_^*)