読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星のささやき 花のつぶやき

星は宇宙の理を 花は地上の調和を 涙は心のカタチを教える

宇宙の営みについて考える・・・

星のささやき

ふと、数年前の体験を書きたくなりました。

普段はあまりない強い感情が噴き上がるときは、

その出来事が何らかのメッセージを伝えようとしているとき。

自覚をもって、十分に注意深く観察する必要が

あるのかもしれない…と知った時の体験です。

 

☆〜✴︎

 

一時期、この国の政治やメディアや”オトナの常識”に

怒りを抑えられなくなりました。

 

”個人がどれほど心を乱そうと、世の中は変わらない…

怒りは悪。楽しいことに意識をフォーカスする方がいい”

知識はそんな回避策を勧めるけれど、

感情と思考が揺れて溢れて、どうにも止められなかった。

 

そんな怒りをそのまま外に向けては傍迷惑〜(^^;;

(しばらくやっちゃいました〜〜ごめんなさい💧)

でも途中で気づいて、心の中で怒りに向き合い始めました。

たくさん書いて、時には書きなぐったものを燃やしたり…

 

しばらくこの内なる怒りを味わい尽くしたある日

ふっと、ことばが胸に浮かんできました。

0518宇宙の営み

 

☆〜✴︎

 

すべて、宇宙の計画のとおり。

 

すべての出来事は、

あるタイミングで、ある場で、ある役割を引き受けた者が

その役割を最大限の愛と知恵をもって実行するかどうか。

…そのチャレンジの連鎖に過ぎない。

 

 

ある出来事の深い意味を知るか、知らずにいるかは

それぞれのいのちの「役割」に準ずる。

 

いのちの役割とは

その者が、深く自身の内を見つめたときにだけ

その姿を現わす。

外のものからは、決してわからぬこと….

 

 

いま私が理解した、私のいのちが引き受けた役割は

世の出来事の深い理由を知りたいと強く願いながら、

それを見続けること。

 

宇宙の計画への揺らぎない信頼とともに

太陽と月の光を通じた慈しみの心の眼で

見落とすことなく、じっと観つづけること。

 

それが、今のわたしのいのちの役割。

 

 

物事をサラッと見てわかったつもりになるのではなく

ある程度以上の深さで認識するには

ある程度の時間がかかる。

ゆっくり時間をかけることをよしとする心構えが必要。

 

そして、発言をするときには、

ネイティブ・アメリカンの教えに従おう。

『すべての人のためになる真実のみを語る』

 

✴︎〜☆

 

この時の気づきを、今の私が完全に実行できているか?

まだまだ、まったく練習段階…💧

人間なので、揺らぐし、騒ぐし、つい疑います。

そもそも「観るだけってなに⁈」と反発した時期も。

 

でも、今はできるだけ速やかにこのことを思い出すように

意識と努力をしています(*^^*)

なぜなら、

「太陽と月の光を通じた心の眼で観ること」の隠れた働きが、

ほんの少しだけ、わかりかけてきたから…

 

こんな風に、もしいのちの役割がわかったとしても

その役割の意味や効果が腑に落ちるまでに、

また少し時間がかかることがありますね…(^^;;

レンジでチンみたいに手軽なこととは違うみたい。

でもね、手応えを感じる時がきっときます。

 

ひとりでも多くの人が

今ここでのいのちの役割を思い出せますように…