読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星のささやき 花のつぶやき

星は宇宙の理を 花は地上の調和を 涙は心のカタチを教える

「神聖」なものとの関わり方

数年前「神聖さ」ということに、まだ私の感受性が完全に閉じていた頃… ある方が、神社のお参りの仕方を教えてくれました。

 

『鳥居の前で、きちんと名乗りなさい。
どこから来た誰で、どんな思いで参ろうとしているか。
そして「ふさわしき所に案内を」と頼みなさい。
そうすれば、その場所であなたが参るべき
最適の次元の扉が開きます。』

 

はじめは、私も全く意味がわからなかったです💦

 

今では、神社のお参りの時だけでなく、
意味ありげな大きな岩や
どう見ても貫禄のある巨樹や古木や
あまりに美しい花に出逢ったとき、
私は、このアドバイスを思い出します。

0724katsura.jpg

そして、語りかけます。
どのような思いをもって”あなた”に近づきたいか…
その願いは受け容れられるかどうか…

 

そして、ゆだねます。
願いにふさわしい”次元”に迎え入れられること…
神聖な存在と、神聖な”私”の出逢いが、
もっともふさわしい形で叶うように…

 

不思議なことのようだけどね(*^^*)
機会があれば、試してみてくださいな💓

 

写真は6月に深いところまで迎え入れてくれた、夢見平の大きな大きなカツラの樹。