読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星のささやき 花のつぶやき

星は宇宙の理を 花は地上の調和を 涙は心のカタチを教える

貴方の友等と共に生きぬくことをしなさい

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170313124352j:image

”人はその創造の初め、ロゴス(神の言葉)の中心に置かれた。一切の真理はこの単純にして核心をなす思想の中にある。息を吹き込まれ、肉体をとり、神から離れ、己の自由意志に気付き、この自由意志をわがままな童子のように使い振る舞い、その結果、人は災いの沼の中に堕ちた。現に人は災いに満ち、今も悩み続けている。しかも、人は神の心から決して切り離されていないのである。

 

もし、人が宇宙の神秘の中へと進みゆくなら、道は黙想の彼方へと続き、内在の神のかすかなる声を聞くものとなる。永遠の神秘の一切は人間の内部にあるのだから。どんな書も人を教えることは出来ない、書物の中にあるのは心の刺戟だけだから。知恵は心から出る。それ故に「静寂を守り、己が神であることを知れ」

 

しかも、神を知るためには、人はいっそう沢山の生を生き、極限までも生きぬき、生を味わうものとならねばならない。そうでなくして、どうして人は神を知るものとなり得よう。

 

それは最初は難しいことかもしれない。しかし、かように吾等は申しておきたい、人と喜びも悲しみも分かち合いなさい、人と共に泣き、人と共に笑い、人と一つにおなりなされ。人から学ぶことがいかに多いか、そのことにみなさんは驚くだろう。決して人間味を失ってはなりません。粗雑、粗野の下に火を見出そうとしなさい。常に現実の生の中に身を置き、自分ひとりよがりにならぬこと。貴方の友等と共に生きぬくことをしなさい。”

 

『ホワイト・イーグルの霊示 霊性進化の道』

グレース・ クック 著  p 82-