星のささやき 花のつぶやき

星は宇宙の理を 花は地上の調和を 涙は心のカタチを教える

感銘を受けた先生方の教えかた

技術やノウハウ、さらには生き方について後輩を教え導く立場にある方は、たくさんいます。そうした方々の中で、人格的にすごい「質」を現している先生に出会えることは、大きなギフトだと常々思います。

 

これまで感銘をうけた先生方に共通する質のひとつが「すっとぼけ」の巧みさ❣️ 

 

大切な「要点」を誰かに伝えるとき、(本当は何度も伝えたことであるにもかかわらず)華麗にすっとぼけて、まるで初めてのアドバイスのように、まるで今フッと思いついたことなように、何度でも繰り返し、優雅ににこやかに軽やかに伝えられる姿勢。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170801143604j:image

一般的な教師は、いつも言うように…など不理解を当人の欠点・未熟な点として認識させる伝え方をするかもしれません。もっと強烈な方々にもお目にかかることがあります…😅 

 

でも、大切なことこそコトバだけでは伝わらない。頭ではなく身体(経験)、心の奥底(深い気づき)を通じてほんとうに理解するとき、初めて身につくもの。だから腑に落ちるまで時間がかかったり、その人なりのタイミングを待つ必要があるわけです。

 

熟達された先生の姿勢…

「もしかしたら、こういうやり方が役に立つかもしれないけど、どうかしら〜?」と、まるで初めてのことのようにすっとぼけて、何度でもにこやかにアプローチできる背景には、知恵の真の習熟過程への理解、成長を待てる心持ちの穏やかさ、学びの遅さも受けとめて面倒を見れる器の大きさ、ユーモアのセンスなど、先達の人格の深さと、なにより目の前にいる一個人のいのちへの全面的なリスペクトがあらわれているように感じます。

そしてよく聴くと、おっしゃっていることの本質はたった一つ。表現や試し方はあらゆる方向から自在だけれど、すべて、ほんのひとつのことの応用に過ぎない…

 

そうした質をお持ちの先生に出会えたとしたら、とてもとても貴重なお手本を目の前で見せてくださっているのだ…と気づいていたいと思います(*´꒳`*)

 

そして、これまでに教わった珠玉の智慧の中で、今この時に役に立ちそうなものはどれだろうか…と再検討できるだけの力量も、自分の中に育んでおきたいものです💕

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170801143959j:image