星のささやき 花のつぶやき

星は宇宙の理を 花は地上の調和を 涙は心のカタチを教える

後悔・・・それもまた「思いきり生きた証」

「後悔したくないから…」

そう言って、安全無難な選択肢を握りしめてないか?

「後悔」の体験からなにがもたらされていたか、十分に顧みただろうか?

 …最近、自分に問いかけています…

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170912132941j:image

 

昔々のノートから、谷川俊太郎の詩を書き写したページが出てきまして…💦 コトの背景は想像に任すとして…

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170912210905j:image

 後悔  五つの感情・その一

あのとき ああすればよかったと
そんなやくざな仮定法があるばっかりに
言葉で過去を消そうとするけれど
目の前の 人っ子一人いな波打ち際は
目をつむっても 消え去りはしない

せめて上手に後悔しようと
過去を苦い教訓に 未来を夢見ることは
あの日のあなたのかけがえのない
こわれやすい愛らしさを裏切ることになる

くり返す波の教えるのは
ただの一度も 本当のくり返しは無いという事

けもののように言葉をもたなかったら
このさびしい今の広がりを
無心に吠えながら 耐えることもできようものを

   谷川俊太郎 『うつむく青年』より

どうにもならない深い哀しみを、吐き出す場のない心の奥底からの慟哭を、それでもなお愛おしくて、無かったことになどできなかった”それ以前の時”とを、丸ごとガバッと抱きしめた、あの体験。

 

今振り返ると、すべてが「思いっきり生きた証」のメダルに思える🏅

あの荒波が、私のハートのスペースをどれほど一気に広げただろう。 よくやった💕 人間生活を満喫…(´∀`*)

 

     ゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

 

トランスフォーメーションゲーム®︎では「涙4つ」のマスは『Depression (意気消沈)』。 

落ち込んで、普通の気づきや気力も何にも使えなくなってしまうような人生の一コマを追体験する場面…

一見、ツラそうで、悲しそうで、苦しそう。

けれど、そこから抜け出るやり方はいくつもあって、プレイヤーそれぞれに異なる。その方の人生と響きあう。

その体験から気づいたことを聞くとき、人生のすべては「豊かさ」に繋がるしかないんだ…って、視野がすこぅし広くなる…こともある💕