星のささやき 花のつぶやき

神戸・六甲山麓から日本の大地と花のエッセンス(Coming Home Essence)を届けています

フィンドホーン体験週間の思い出⑤ ~Guide from Gurdian Angels~

フィンドホーン財団の体験週間、私の守護エンジェルは「Freedom
フォーカライザーの誘導に従ってエンジェルに意識を合わせる瞑想の中で
『私自身が心底自由でいたときっていつかな~?』って問いが浮かんできました。

ん? あれ、ほぼ無いかも…いつもどこかしがらみや緊張を感じているような気が…💦
☛ よし、それならば、この1週間は徹底的に自由になってみよう!

すると次に『自由ってなんだ?経験ないのに、どうしたら自由だったという納得感を得られる?』という問いが心の中に現れた。
☛ 感覚に身をまかせて、ためらいなくそのままを行動に表わすとき。それが自由。

よし。この1週間のキーワードは定まった☆彡

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20171102155203j:plain

グループの守護エンジェルは「Expectation(期待)」と「Flexibiliy(柔軟性)」。
なんとまぁ、ちょうどいいこと(^^♪

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20171102155216j:plain

初めの数日こそ、英語下手へのコンプレックスや緊張で、胸いっぱいでした。
シェアリングやティータイム、食事時も「なにか話さないと…でも、なにならしゃべれるだろう」と妙に肩に力が…呼吸も浅く…(;''∀'') 夢まで英語が、英語がぁ~💦

けれどもね、このグループ、インターナショナルなんです。イギリス、アメリカ、ノルウェー、ドイツ、ロシア、イタリア、香港、イスラエル…そしてジャパ〜ン。 グループ内では、私がダントツで英語下手なんです。圧倒的なへたくそというのは、実は大変に心地よい~( ´艸`)💛 だれも私が話すことに期待しない。いい子でなくていい。あの人この人の意見なんてな~んにもわかってなくていい。わたしは私でいればそれでいい☆ だんだんと緊張が解けるにつれ、英語へのためらいもどこかに置き忘れ、たまらない解放感にめっちゃのびの~び…して、癖になりそう。

あぁ私、いつも「ちゃんとしてる自分」を装ってた。全然気づかないほど、ごく当たり前に。ここでは、それ脱いじゃっていいんだ~♬ あぁ、なんて気持ちいい!

不思議なことに、だんだんと素の感性が働き出すとともに、英語が聞こえる場合と聞こえない場合にはっきりわかれてきました。同じ人の英語でも、組織やシステムの議論や哲学談義みたいなのはまったく聞きとれず、完全スルー…💦 でもハートからの言葉ははっきり聞こえる。今の私に必要なはなしだけ自動選別で届くのですから、こんな楽チンなことはないです〜❣️

 

私にとっては、「(かけがえのないアイデンティティである)日本語」「馴染みの仲間」という安全柵を飛び出したとき、馴染みすぎてた「しっかり者」の仮面も外れ、のびのびとした自分が現れた。ひとつの境界越えでした。

 

さらに、体験週間中は折に触れ無言の伝言や沈黙の時間を味わう機会があります。人間が使えるコミュニケーション手段は言語だけでなくいくつもあることが、明らさまに言われるわけではないけれど、様々な体験の中でグループの中にしみこんでいきます。

そして・・・沈黙の価値。
初日にMaryの仲間たちとのディナーで垣間見させていただいた「少しの沈黙」が、やはりとても貴重なことらしい…そんな思いが深まります。

《本日の洞察(Insight) 》トランスフォーメーションゲームのカードから

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20171102210536j:image