星のささやき 花のつぶやき

神戸・六甲山麓から日本の大地と花のエッセンス(Coming Home Essence)を届けています

「世界一のクリスマスツリーProject」のあすなろ

写真は神戸で計画されている『めざせ!世界一のクリスマスツリー』のあすなろ。まっすぐな幹、均整の取れた枝ぶりはなんとも美しく魅了されます。遠く富山県の氷見から健やかな状態なのは流石のプロの技術なのでしょう。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20171128103642j:image
6本のワイヤーでくくられ、海風を遮るものもない広場にポツンと立ちながらも凛と気品ある姿は、季節柄かイエスの十字架のくだりを彷彿とさせます。氷見の山の御神木級の木なのではないかと憶測がされるのもわかります(こうした自然な木の場合、御神木の定義はおそらく個々の信条によって差があるとは思います)。

「わが父よ、もしできることでしたらどうか、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの思いのままにではなく、みこころのままになさって下さい」
マタイによる福音書(口語訳) - Wikisource26章39 ゲッセマネの祈り

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20171128103702j:image

こんなことする必要がどこにあるのだろう?
目の前の光景に反射的に湧く嫌悪感や怒りを一旦脇に置き、静かにニュートラルにこの木と"対話"してきました。

自然界は時折、思いもよらぬやり方で人の思考を深めさせたり心の琴線に触れてきます。この木も、そんな大切な役割を身を呈して引き受けてくれた存在でしょうか…

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20171128103723j:image

この木を眺めていると、いくつもの問いかけが心に浮かんできます。

*これが植林の杉なら違う?同じ?それはなぜ?
*暮らしの中で植物を「使う」ことと、この目の前の出来事はどこが違う?どこが同じ?
*そもそも、木と人の違いはなに?
*現れくる未来に、自然とともに生きるとはどういうこと?
*今、あなたはなにを知り、どう活かすだろうか?

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20171128103744j:image

もちろん、心に浮かぶまで問いかけやその答えは、人により違うでしょう。その結果としてのリアクションも、人によって違うことと思います。
近隣でこの件に心を寄せていらっしゃる方々、お時間が許すなら、電飾される前のこの美しく尊い木のあるがままの姿を実際に感じられたらな…と思います。

 

イベントの本質をどう見るかによって賛否わ分かれているようですね…

【関連サイト】

めざせ!世界一のクリスマスツリー』公式サイト

キャンペーン · そら植物園株式会社、神戸市長: 世界一のクリスマスツリーPROJECTを中止して下さい · Change.org