星のささやき 花のつぶやき

神戸・六甲山麓から日本の大地と花のエッセンス(Coming Home Essence)を届けています

人と関わるって大変だけど、少し気楽な深い愛の話

「人と関わる」って大変ですね💧
あっちも人ならこっちも人やし!無条件の愛とかムリ💢 その中で学ぶ⁈ ノーサンキュー💦と思うがいます。 

一方で、一見難しい挑戦の奥に燃えるかすかな炎🔥を確かに見ていて、このために今ココにいるのね…と、どこか悟り? 冷静に腹をくくるもいます。

その間で、今どっち今どっち?とキョロキョロ様子見してる、迷えるもいます。

 

どれも、間違いなく「私」です
そして最終的に、最善な態度を臨機応変に選ぶのも「私」です。

どれかだけが私なのではなく、迷ったり、ヤケを起こして妙に強気に出たり、冷静に俯瞰して見たり…全部ひっくるめての「私」を、願わくば全体的に愛深い方向に育てたいですね💕

…はい、愛は自分で育てるものです☆

    ゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

もう10年近く前かしら。ある山の中のおうちで中学生から学校の話を聞かせてもらいました。同級生は保育園から高校卒業までずっと同じという地域で、必然的に家族より同級生の結びつきが強いそう。その頃近所の子が同級生たちと意見がぶつかり孤立中。けど二人は近所同士なので毎日いっしょに通学するのだと話します。

「意見が合わないのに? 毎朝毎夕いっしょに通うの…嫌じゃない?」って尋ねたら…

「まぁね。でもウチらは長い付き合いになることわかってるし。仕方ないけど、今はこうってだけ。」って微笑んだ。

あの時、都会っ子の私の頭はあの子の行動を理解できず、ただ「田舎って大変」って考えた。けれど私の心はこれは強烈に深くて強い愛だ!と驚いて、その会話の記憶を心に刻んでいたよう。

     ゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

最近よく、「まぁね」って言ってたあの子の顔を思い出します。

相手を変えようとか、助けようとか、さらさら思ってない顔。ましてや、ひとまず同意しておこうとか、「私だけ我慢すれば…」って顔じゃない。

ようやく私にもわかるようになりました。

同じ時期に生まれ出会った友人とのつながりをただそっと保つ。そのゆるやかなつながりの中で、その時々で、揺れながら暴れながら、お互いの心身が成長していく。その成長のためのスペースを保つしなやかなつながりを、あの子たちは知ってたんだな…って。そういう愛の深さもあるんだ…って。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20180207130212j:image

 

愛深い関わりとは、場面場面でいろんな姿をとります。 必ずしも相手に役立つとか、大好きだとか、応援するとは限らない。 もちろん常に無条件で見返りを求めない愛なんて、ごく普通の人間味豊かな精神状態では無理無理。違う意見に無理やり同意して見せることを愛と解釈するかどうか…意見が分かれそうです。こう見ただけで「愛」にもいろんな形がありますね。

例えば『今は積極的に関われない。でも自分と違うとこもあるけどお互いそのままでいい。つながりはそっと保ちましょ💕 』 という明らかな意図を伴う愛の姿もあり、それは意図のとおり、自分と相手、さらに周辺の人間関係も含め、より大きな全体の繋がりを強く深く、しなやかに保ちます☆

これは、関係者の少なくともひとりが気づいていれば機能する愛のカタチで、決して大げさではなく世界平和への偉大な奉仕の一歩です🌍✨

 

でも無理せずね。ダメな時は「今は無理です」でいいのよ…💕 ほんの少し愛深く。それで今は十分。

 

    ゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

神様、仏様、天使たち…

願わくば、より大きな全体に役立つ選択ができる「私たち」を育てられるよう、側面支援をお願いします😇

 

緩やかな目線で場をわかちあう試み

⭐️ほしのしずくのオープンスペース⭐️