星のささやき 花のつぶやき

星は宇宙の理を 花は地上の調和を 涙は心のカタチを教える

よき恋は個性の自覚を深めます*自然界との大恋愛

一昨年はもう咲いてたんだ…マツバウンラン。
*・゜゚私にとって、究極の一目惚れな花.:*・*

去年やっと念願かなって、この花のフラワーエッセンスを作れました。このエッセンスの個性については、以下のブログをご参照ください↓

 

私は、惹かれる花に出会っても、大抵すぐエッセンスをつくれません。「なんか惹かれる…💕」って思いながら、何度も何日も、時には何年もあちこちにその花を探し、ただ眺めます(*^^*)
そうこうしていると、その花と私が共に働くことで何事かが起こる準備ができたとき、花が「おいで」と呼んでくれます。つまり、歩いていると群生地に出くわします。
そして・・・Make Love💕with Flowers^^

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20171202084627j:plain

オオニワゼキショウのエッセンスを作ったとき

花がもつ個性の響きが深いとき、それに私が合わせるのに時間がかかります。そして、出来上がったエッセンスがもたらすものを把握するのに、また時間がかかります。

こうした時間は、花との接し方(対話)を介して、私が自分の個性を静かに深く掘り下げる時間(ギフト)です✨(大地や光のエッセンスづくりも、ほぼ同じです)

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20180405093533j:image  

こうしてみていると、フラワーエッセンスづくりは人同士の恋愛やチームづくりにとってもよく似ています。
そして、そこで生まれる「エッセンス」は私たちの子どものようなもので、両親(花と人)の性質をある程度受け継ぎながらも、ちょっと違う、独自の個性や特技をもちます。

その子(エッセンス)がどんな個性をこの世にもたらすかは、片親(私)が分析的に因果関係から定義づけるのではなく、その子が社会でどんな人と出会い、どんな働きをしているかなぁ…というのをのんびりのんびり眺めながら、ゆったりと応援しながら、浮かび上がってくるものを記録をとります。

ほしのしずくがご紹介してる「カミングホーム・エッセンス」って、そんな風に生まれ、育ちつつあるシリーズです。

 

「それを使うとどうなるの?」ってよく尋ねられるのですが。
個性豊かな新しいお友だちと出会うシーンを思い浮かべてみてください。新しいものの見方に気づいたり、毎日の繰り返しがうんと楽しみを増したり…💕
そんな感じの変化が、起こるかもしれません。*あえてエッセンスを擬人化して書いています💕

 

この記事はフラワーエッセンス作りについて書いてますが、人との付き合い方、自分の住む場所との折り合いのつけ方、ざっくり言えば、みんな一緒な気もするんですね〜♪ めっちゃ大雑把ですが…^^