星のささやき 花のつぶやき

星は宇宙の理を 花は地上の調和を 涙は心のカタチを教える

自分の感受性くらい…  茨木のり子

大好きな詩。
時々思い出しては、ここでもシェアしてるような。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20180423222500j:plain

『自分の感受性くらい』

詩:茨木のり子 

  ぱさぱさに渇いてゆく心を
  ひとのせいにはするな
  みずから水やりを怠っておいて
 
  気難しくなってきたのを
  友人のせいにはするな
  しなやかさを失ったのはどちらなのか
 
  苛立つのを
  近親のせいにはするな
  なにもかも下手だったのはわたくし

  初心消えかかるのを
  暮しのせいにはするな
  そもそもが ひよわな志にすぎなかった

  駄目なことの一切を
  時代のせいにはするな
  わずかに光る尊厳の放棄

  自分の感受性くらい
  自分で守れ
  ばかものよ

 

一見、厳しい口調で怒られてるみたいだけど、
逆に、
自分のココロはちゃぁんと面倒を見てあげれば
潤いを保ち、しなやかで、
尊厳を持って堂々としていられるんだよ
みんな、自分でちゃぁんとできるんだよ
…って、語りかけてる詩でもあるよね(^^)

凛として気高くて、
この空気感がすごく好きなんだ💕