星のささやき 花のつぶやき

神戸・六甲山麓から日本の大地と花のエッセンス(Coming Home Essence)を届けています

質問力☆小さな問いから理解を深めるスキルを磨く

仕事柄でしょうか、「意識を掘り下げるための自然なアプローチ」に興味があります。

以前読んだ脳科学者の茂木健一郎氏の「最高の結果を引き出す質問力」という本に、『メタ認知力』という言葉がでてきます。自分自身の感情やその奥で起こっていることを、疑問(質問)を通じて認識する脳の能力で、だれでも磨けば伸びる力☆ だそうです。

 

トランスフォーメーションゲームでもよくあるのですが、普段あまり聞かれないタイミングで「それってどういうことかしら?」なんて質問されると、一瞬ポカンとなった後、まるで口が勝手に動くように答えていたり... それがご自身にとって大切な答えだったりする。「私、こんなこと考えてたんだ…」って、ほんとによくあるんです(^_-)

これが、良い質問と脳の関係。だから、自身の世界を掘り下げるには、「質問するチカラ」がとても有効です。それは筋肉と同じで反射的に使えるようになるまで積み重ねる練習と観察が欠かせません。

       .。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。

今回、10日間のミステリードライブを終えた帰り道のこと。
運転しながら何の気なしに主人に「楽しかったね~ どこが一番良かった?」って聞きました。ごく普通の日常会話です(*^^*)

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20180530095217j:image

・・・その答えを聞いて、ハッとしました。

この質問だと、一番はここ。二番はあそこ。という風に、旅の経験のひとつひとつを部分に分割して、その中で「味わい」の順位付けが行われるついでに言うと、下位の経験はまるでなかったことのように消されてしまうようです…

それは主人だけではなく、自問自答してみても、私の脳内でも、そんな風に答えが生み出される様子がわかりました。

 

そこで、今度は質問を変えて自問自答してみました。

 

「今回のミステリードライブ、どうだった?」

すると、私の脳内では、旅の経験ひとつひとつがジグソーパズルのピースのようにシャッフルされて、私にとってどんな意味があったか?という質問にふさわしい答えを織り成すように、時系列でも地域やジャンルでもなく、パーツが組み替えられていくのです。

そのプロセスは、脳とは別の私の意識から観察することができて、意外な訪問先同士がペアになったり、時系列が逆になると意味が通じたり・・・あら!驚!

 

あぁ! 人の脳ってすごいんだわ💓 質問の言語的な違いはほんの些細なことのようですが、脳は「質問」の言葉や意味合いをきちんと認識してちゃんとあわせた処理をするんですね!

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20180525133627j:plain

 

・・・だとしたら、これらの質問をうまく組み上げて自問自答することで、10日間の旅の味わいや意味合いをグンと深めて吸収できるんじゃないかな?  あ、これが「メタ認知」か! 

 

そんな展開から、今回は旅行の記録をあえて時系列ではなく、バラバラに記録して再構築してみようということで、旅行記を書いています。 人生経験をひとつひとつ、より深く味わい吸収するスキルを磨く☆実践☆です

stellagutta.hateblo.jp