星のささやき 花のつぶやき

星は宇宙の理を 花は地上の調和を 涙は心のカタチを教える

答えを教えるじゃなく、「わかりたい」を手助けするための筋力

 

今日も美しい神戸の日没です。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20180902183938j:image

このところ、誰かになにかを「教える」ことが続いています。

「教えて」って依頼されたとしても、

①自分が知っていることを人に伝えるのと、

②相手が何かをわかろうとしてるのを手助けするのと、

③自分なりの何かを形作ろうとしている人を応援するのでは、

こちら側の心身の「筋肉」の使い方や鍛え方は、かなり違う。このニーズを読み違えると、お互いに心地よくないこともあるし。

 

①の教えるは、私にはあんまり面白くなく💦 「オススメ本あるよ、読む?」とか言っちゃう。

一番ワクワクするのは③。「教える」というより「ともに創り出す」の立場は血が湧きます♬

一番難しいのは②。その人が最終的になにを分かりたいと思ってるのか、今どこまでわかってるのか、どうしたら「あ、わかった!」に繋がるのか。

答えそのものを教えるんじゃなくて、「わかりたい」を手助けするのは、観察力と根気とタイミング、なにより愛が必要ですね〜💕 わかった〜!にたどり着けると一緒に嬉しい。

 

今、②の筋トレ中💪 じっくりじっくり。

あぁ、この感じは昔、モンテッソーリ教育の園でやってたアレそのままじゃない(*'ω'*)❣️  

人生、まわり道のようでいて、無駄ってないものですねぇ⁉︎