星のささやき 花のつぶやき

神戸・六甲山麓から日本の大地と花のエッセンス(Coming Home Essence)を届けています

変えようとする前に、ありのままでの意味をみる

あえて光らせる必要はどれくらいあるだろう?

どこかの光が強まれば、

どこかの影も、濃ゆくなるのに。

 

あえて輝きを押さえる必要があるだろうか

その輝きのおかげで消せる闇があるだろうに

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20190505201354j:image

一つのことのあり方には

みんな背景がある。

ひとりのことではなく

もう少し広い全体のことでみたら

いろいろな在り方の意味合いが

違う味わいで見えてくることもある。

 

 

静かに歩む。

出来るだけ他に影響を起こさぬように。

 

 

いつどこで聞いたかも忘れてしまったが

なんて地味な生き方かと思ったこれは、確かどこかの先住民のことば。

「ああ、そういうことか」と腑に落ちる。