星のささやき 花のつぶやき |ほしのしずく

神戸・六甲山麓から日本の大地と花のエッセンス(Coming Home Essence)を届けています

同意できない話に、柔らかく返す相槌

人は誰もが違うもの同士。コミュニケーションも、いつも同意とは限らない…という前提が成立してたらいいけどね^^

 

相手の意見に、常に「本当にそうね」「おっしゃる通り」などと話を合わすうちに、自分の感覚や意見が分からなくなってしまうことがあります。

また、そういう話に付き合う時間を苦痛に感じ、ある時感情が爆発して「これ以上は無理💥」と、育んできた人間関係そのものを壊してしまうこともあります。

 

゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

 

素直に同意できない話を聞く時に、偽物の同意をせず、かつ柔らかく返す相槌はないものか…と、常々ことばを探しています。

どの相槌も、あまり頻繁に使うと悪印象なので、バリエーションが増えるといいなぁと思いつつ…

 

例えば「なるほど〜」。

上から目線のようで嫌いという人もいるようですが、それは「同意されてない」ことを察するからかな〜 少しくらい察してくれる方がいいので、時に有効です。

同時に私自身にとって、それを新たな考え方として取り入れる余地があるかどうか、すこし余白を残して吟味している時に口から出る相槌かもしれません。

 

「そうですね〜」「そうですか」

これらも、私個人は完全同意ではないけど、その方の意見として尊重したい時にふと口から出る相槌かな…と思います。

自分とは違うものがここにあるなぁ〜と感じ、その違いの中にふんわり浮かんでいるようなイメージです。

 

「へぇ」「そう」

この辺りは、自身の感覚の守りに入ってる時に出てくる相槌かもしれません。話を否定はしない。けど肯定もしない。

連続してる時は、願わくば、早く話題変わらないかなぁ〜の時かも…笑

 

うなづくだけ…というのも、本来はとてもニュートラルな相槌だと思います。上品すぎて、日常会話に適用するとやら浮きますかね〜^^;

 

祖母は私の話を「へぇ、そうかい」と聞いてくれました( ꈍᴗꈍ)🎶 そのニュートラルな相槌が、子供心にとても心地良くて…

あまり心地良すぎると、話し手はいくらでも喋り続けるので、それまた要注意ですね。笑

 

゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

 

そもそもコミュニケーションは、双方の心がけで育んでいくもの。

同調して祭りのように盛り上げるだけが能ではなく、違う感覚や意見に科学反応を起こしながら、深みを増していくと、お互いにとって実り多いものにもなります。

 

とはいえ、一方的な意見の押し付けや、同意、承認を当然と要求する人もいます。それらの不快さをすべて断つわけにもいきませんしね〜💞

出来るだけ柔らかく、上手にかわしながら、自分独自の感覚感情を守るスキルを磨くのも、とても大事だなぁと思います🌱✨

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20191110093730j:image